トップ / インプラントは埋め込み式

インプラントは埋め込み式

インプラントで負担減

カルテ

インプラントは人工歯を埋込む

インプラント治療とは、口の中の顎の歯の無い部分の骨に人工の歯を埋め込むことによって、歯の再生を行う治療法のことです。歯周病や外傷などが原因で歯を失ってしまったときには、チタン製の歯を埋め込んで骨と癒着させることで、機能性の高い人工歯を作ることができます。取り外し可能な義歯やブリッジでは歯を失っている部分にかかる力を避けるために、残っている歯の力が弱くなる原因となります。インプラントであれば、骨に埋め込むことで新しい永久歯が生えてきたかのような状態が作り出せるために大きなメリットがある治療法となります。

インプラントのすすめ

虫歯や事故などによって歯を失った場合に、本数にもよりますが、入れ歯にするのかブリッジにするのかということになります。しかし、味覚がわからないとか、ブリッジならば隣の健康な歯を削ってはめるために、虫歯になりやすかったりというデメリットがあります。その点、インプラントにすると削ることもありませんし、本来の自分の歯と変わりなく噛むこともできます。インプラントは顎の骨に土台を埋め込んで、その上に人工の歯を取りつけるものです。手術が必要ですが、入れ歯の感触やブリッジをはめるのが嫌だという人に向いています。

↑PAGE TOP

© Copyright 2回目以降のクリニック. All rights reserved.