トップ / クリニックのカルテについて

クリニックのカルテについて

クリニックでの電子化

カルテ

クリニックに普及する電子カルテ

日に日に進むコンピューターの普及、それは医療の現場でも同じ事です。大病院はもちろん、今は町の小さなクリニックにもどんどん普及しているのではないでしょうか。そして、その代表例が電子カルテの導入です。カルテは患者個人の医療情報を管理する者で長い歴史のある医療機関ほどその量が膨大です。久しぶりに来た患者さんだとそのカルテを探すのにも一苦労、クリニックで働く医療事務さん大変です。しかし電子カルテの登場でそういった労力は解消されるのではないでしょうか。名前やキーワードを入力するだけで患者情報がすぐに取り出せる、カルテを探す時間の削減、管理場所の省スペース化、更には読解不能なドクターの筆跡も、ますます進む電子化へ期待は膨らむばかりです。

医療機関での電子カルテの導入

かつてのクリニックのカルテと言えば、英語やドイツ語の手書きのものが一般的でした。医師によっては字が読みづらかったり書き間違いがあったりすることから、医療事故の原因のひとつにもなっていました。そこで近年増えているのが、電子カルテです。情報をパソコン上で入力するために誰にでも見やすく、分かりやすいカルテになります。定型文を利用することで入力も簡単になり、医師の負担も軽減されます。さらに最近では、レントゲンなどの画像データを直接取り込める電子カルテもあり、治療に関する情報を一元化することができてとても便利です。今では多くのクリニックがこのシステムを採用しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 2回目以降のクリニック. All rights reserved.