トップ / クリニックを退職する際

クリニックを退職する際

クリニックで働く女性

カルテ

クリニックの退職金について

クリニックで働く女性にとって多いのが、結婚や出産を機に退職するケースです。このような場合、退職金が支払われます。支給についての条件は就業規則などに規定がありますので、退職する際には確認することが大切です。支払い金額は勤続年数に準ずることが多く、長く働いた人ほど多くもらえるのが一般的です。支払いは退職から7日以内にされることに決まっていますが、退職後も5年後までは請求ができます。万が一退職金をもらわないまま退職してしまった場合は、早めにクリニックに請求をするのがおすすめです。また、小切手で支払いがされた場合も早めに換金する必要があります。

辞める時の退職金はいくら

退職金は、クリニック側が福利厚生で行っている制度で、退職した職員に対して支払われる、実質後払いの手当てのことです。クリニックを退職したときの支給額は、それぞれの病院によって異なりますが、一般的には基本給×勤続年数、勤続年数×固定金、基本給×金属年数×退職金係数で計算されます。事前にどういう風に計算されるのか確認しておくといいでしょう。3年未満ですと、規定によって支給されないところが多いです。また、病院の規模によっては制度を導入していないところもありますから、労働契約を結んだときに確認することが大事です。そして雇用側が制度を導入していれば、いただけるようになっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 2回目以降のクリニック. All rights reserved.