トップ / 歯周病の原因と症状は

歯周病の原因と症状は

歯周病は早期治療を

カルテ

歯周病について知っておこう

歯周病は、プラークや血行不良などが原因で、歯肉や歯槽骨などの組織が破壊されていく病気です。長い年月を掛けて少しずつ進行してきますが、歯茎が腫れていたり、出血が見られる場合は早めに歯科医院で検査を受けて下さい。歯周病は、進行すると歯がぐらぐらしたり、最終的には抜け落ちてしまいます。病気の進行を遅らせるためには定期的に通院をして、治療を受ける必要があります。虫歯と同様に歯を失う原因になってしまいますし、糖尿病や心臓病などの生活習慣病の原因になってしまうため、早期発見、早期治療が大切な病気です。

虫歯が辛いときは歯医者へ

虫歯が辛い時には、すぐに歯医者さんにかかりましょう。歯医者さんでは、親切に治療をおこなってくれます。どうしても歯がしみるなどの場合、かみ合わせがうまくいかない場合などや、この他にも口臭がどうしても気になってしまうなどの場合には、すぐにみてもらうと改善がされます。なかなか虫歯がなおらないと辛い時でも、診察をしてもらい、治療に専念すればあっという間に辛い箇所がなおることが多いものです。特に冷たいものがしみて痛いなどの症状の場合には、虫歯であることが多いため、適切な治療が必要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 2回目以降のクリニック. All rights reserved.